読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お腹が鳴りそうになった時の対処方法

スポンサーリンク

静かな場所での『お腹が鳴りそう』の緊張感はハンパない

はじめに

私の最大のお腹の虫エピソードは…

ちょうど食べ物について勉強していた昼前の家庭科(男女混合)の時間に、隣のクラスまで聞こえるくらい大きくお腹が鳴ってしまったことです…(・・;)

それと引き換えに先生含むクラス全員の大爆笑をいただきました(*'꒳'*)✧………


お腹が鳴る原因

お腹が鳴る原因は何なのでしょうか?(・・;)

胃が動く

空腹になり、ご飯の時間が近づくと胃が準備し始めます。


間食をする

胃のサイクルが狂い、突然お腹が鳴る原因になります。

毎日三食は決まった時間に食べましょう。


空気がお腹に溜まる

空気がお腹に溜まると、空気を出そうとして胃腸が動きお腹が鳴ります。

次のことでお腹に空気を溜めやすくなってしまいます…

早食いをする

早食いをすると、空気も一緒に飲み込んでしまいやすくなります。

緊張する

『もうすぐ先生に当てられる時』『テストの時』など、緊張して奥歯を噛み締めてしまっていませんか?

奥歯を噛み締めることにより、空気が胃に入りやすくなります。(呑気症)

お腹が鳴りそうに鳴った時に緊張してしまうと、更に鳴りやすくなってしまいます…

噛み締め癖がある人も要注意です。


オナラを我慢する

オナラはお腹に溜まった空気を出そうとすることなので、我慢してしまうとその空気がお腹に戻ってしまいます。

なるべく我慢しないようにしましょう。




簡単に出来る対策

早食いなど、原因になることをしないことが1番の対策です。

甘いものを食べておく

休み時間にチョコレートなどの甘いものを食べておくと、お腹が鳴りにくくなります。




お腹が鳴りそうになった時の対処方法

では、「今!まさに鳴りそうなんだけど!どうすればいい?!」という時に使える方法を書いていきたいと思います(*´꒳`*)

息を止める

息を止めてお腹に力を入れると鳴りそうになったお腹が一時停止します。

「もう大丈夫かな…?」とお腹を緩めた瞬間に大きな音が鳴ることもあるので、さじ加減が少し難しいです(・・;)


伸びをする

大きく息を吸って伸びをすると鳴りにくくなります。

伸びが出来ない状況では、背筋を伸ばしてお腹を膨らませるように大きく息を吸ってみましょう。

胃の辺りに力を入れると更に効果的です。


マッサージをする

胃のあたりを少し押したり、お腹を軽く叩くと鳴りにくくなります。




おわりに

空腹対策に、朝食にはパンよりご飯を食べる方がいいそうです。

パンは消化が早く、お腹が空きやすくなってしまいます。