ヘリオログ

「春になると不審者が増える」とよく言われるのはどうして?

スポンサーリンク

不審者の対策・対処方法

はじめに

「春になると不審者が増える」と聞いたことがありませんか?

昔から毎年、私の母が冗談口調で「春になったら不審者が出てくるよ〜」と言うのです。

果たしてそれは本当なのか?と、不審者の対策・対処方法を書いていきたいと思います。


春は不審者が増える?!

木の芽時
春先は寒暖差が激しく、精神が不安定になりやすいこと

が関係があると言われていますが、「春になると不審者が増える」というのは一般的には迷信のようです。

鬱になりやすい季節でもあるので気をつけましょう。

また、「気候が暖かくなって陽気になり、羽目を外して周りに迷惑をかける人が増える」ことが元になっているという説もあります。

しかし、

  • 露出:寒くなくなる
  • 声かけ:暖かくなり気が大きくなる

ということもあり、あながち間違いでもないかもしれません。


スポンサーリンク




不審者の対策・対処方法

子どもや女性、男性に関わらず危険なことがたくさんあります。

自分の身を守るためにはどうすればいいのか?をみていきましょう。


家を守るために

以下のことで泥棒が入りづらくなります。

  • 電気を点けっぱなしにしておく

電気代は増えてしまいますが、人がいると思わせることができます。

  • 防犯対策をしているアピールをする

「防犯カメラを設置しています。」など嘘でもいいので分かりやすいところに書いておくと安心です。

  • 男性のものを置いておく

特に一人暮らしの女性は、「洗濯物に男性の衣類を混ぜる」「玄関に男性の靴を置いておく」と不審者対策になります。


防犯グッズを持っておく

主な防犯グッズには「防犯ブザー」「催涙スプレー」があります。

防犯ブザーは鳴らした後、すぐに遠くへ投げましょう。

なかなか音を止めることができなくなりますので、不審者が逃げやすくなります。

また防犯グッズを持っていない時は、次のものが防犯グッズの代わりになります。


缶コーヒー

「暗い夜道を1人で歩く」など不安な時はコンビニで缶コーヒーを買っておくと心強いです。

この時、袋を貰っておくのがポイントです。

袋に入った缶コーヒーは力の無い子どもでも、振り回すだけで絶大な威力を発揮することができます。


電話をするorしているフリをする

今いる場所を相手に伝えるor伝えているように見せましょう。

あまり声を出しづらい場所では携帯を手に持っているだけでも効果的です。



是非試してみてください。