読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘリオログ

長くなりすぎず、サクッと読みやすいブログを目指しています(*'꒳'*)

必見!お花見に行く前に確認しておきたい持ち物

生活

お花見に行く時の持ち物・お得な情報について




せっかくのお花見で忘れ物をしないように今一度確認してみましょう。


お花見の持ち物リスト

お花見の会場でのマナーを守ってお花見を楽しみましょう(*´꒳`*)

レジャーシート

少し大きめのものを用意しましょう。小さなお子さんがいる場合は眠ってしまう可能性もあります。

  • レジャーシートの大きさの目安

1.8×1.8m:約2畳
3.6×2.7m:約6畳
3.6×3.6m:約8畳
3.6×5.4m:約12畳(10人〜15人)
4.5×5.4m:約15畳
5.4×7.2m:約24畳

人数が多くても大きすぎるレジャーシートを広げてしまうと、場所取りのトラブルになることもありますので気をつけましょう。

また、新聞紙や段ボールをレジャーシートの下に引くことでクッション代わりにもなります。座布団を用意するのもいいかもしれません。

更にガムテープや重りになるものがあると、風が吹いても安心です。


飲食に関わるもの

飲食物、紙皿、紙コップ、割り箸、スプーン、フォークなど必要なもの。落としてしまうこともあるので多めに持って行きましょう。

桜の名所でのお花見は、近くのコンビニや自動販売機がすっからかんになることもあるのでコンビニ頼りは禁物です。

ペンを持って行っておくと、紙コップに名前が書けるので便利です。


ウェットティッシュ、ティッシュ、タオル

お手拭きとして、こぼしてしまったものを拭き取るためにも活躍します。

ティッシュはトイレットペーパーが量の割にかさばらないのでオススメです。


ゴミ袋

自分が出したゴミはきちんと持って帰りましょう。多めに用意しておくと◯。


防寒・日差し対策

まだ春とは言えど肌寒い日もあるので、カイロや膝掛け、上着などがあると安心です。

反対に暖かい日は、日傘や帽子などで日差し対策をしましょう。


小銭

自動販売機のお釣り切れ対策や、何かの集まりでのお花見の会計でも必要になってきます。


その他

  • カメラ
  • ハサミ
  • マスク
  • 絆創膏、薬

など必要に応じて足してみてください。


豆知識

お花見トークで花を咲かせましょう(*´꒳`*)

桜と名付けられた由来

いくつか説がありますが、咲く花たちでサク・ラと名付けられたという一説があります。


お花見の由来

元々は厄払いのために行われていたそうです。


桜の花言葉

  • 寒桜:気まぐれ
  • 枝垂桜:優美・ごまかし
  • 染井吉野:純潔・優れた美人
  • 冬桜:冷静
  • 八重桜:豊かな教養・善良な教育・しとやか
  • 山桜:あなたに微笑む・純潔・高尚・淡白・美麗

桜全体の花言葉は「精神の美」「優れた美人」「純潔」「淡白」です。



大人5人が座れる折りたたみレジャーシートです。↓