読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ささくれ・ささむけの対策&対処方法

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

今回はささくれ・ささむけについてかいていこうとおもいます(*´꒳`*)

実は東日本ではささくれ、西日本ではささむけと呼ぶことが多いようです。

ささくれ・ささむけの原因

主に

  • 栄養不足
  • 皮膚の乾燥
  • 炎症
  • 血行不良

が原因となります。

洗い物など水に触れる機会が多い人は手が荒れ、寒い時期は特にささくれになりやすいです。

また、マニキュアの除光液をよく使う人も、皮膚に刺激が強いのでささくれになりやすくなります。


ささくれ・ささむけの対策方法

効果のある食べ物

ビタミンやコラーゲンの多く含む食べ物が効果的です。

ビタミンA
皮膚の乾燥を防ぎます。

  • 緑黄色野菜
  • 卵黄
  • レバー

ビタミンB2
皮膚を作るために必要な成分です。

  • 緑黄色野菜
  • りんご
  • アーモンド
  • レバー

ビタミンC
さかむけを予防します。

  • トマト
  • じゃがいも
  • ピーマン
  • 柑橘類
  • イチゴ、キウイ、レモン

コラーゲン
言わずと知れた、肌にいい成分です。

  • フカヒレ
  • 手羽先
  • 鶏皮
  • 牛スジ
  • 豚足
  • レバー

特にビタミンCとコラーゲンは相性がいいので一緒に摂ることをオススメいたします(*´꒳`*)

ハンドクリームを塗る

水(特にぬるま湯)によく触れる人は、皮膚を守る脂分が剥がれて荒れやすくなってしまうので、代わりにハンドクリームに皮膚を守ってもらいましょう。

オススメのハンドクリームがこちら!↓

馬油です!
こちらの商品は馬油100%で、天然素材なので安心です。手以外に全身どこでも効果があり、ボディークリームとして使えます。匂いもほぼ無臭で気になりません(*´꒳`*)
昔からお母さんが洗い物をした後にすぐ塗れるようにか、キッチンに置かれているのをたまに見かけていました…笑


ささくれ・ささむけの対処方法

無理に剥がそうとせず、気になる人は爪切りやハサミで切りましょう。剥がしてしまうと、そこから菌が入って更に悪化することがあります。

その後、消毒をして絆創膏を貼っておきましょう。



是非試してみてください(*´꒳`*)



(この記事ではAmazonアソシエイトを使用しています。)