読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しゃっくりの原因と止める方法

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

(先日久々にしゃっくりに苦しめられた恨みを晴らすべく)

今回はしゃっくりを止める方法をかいていきたいと思います(*´꒳`*)

しゃっくりを起こす原因

横隔膜が痙攣することによって突然起こります。吃逆(きつぎゃく)ともいいます。
健康な人でも起こりますが、48時間以上もの長く続くしゃっくりは病気の可能性もあるので病院(内科)で診てもらいましょう。

  • 炭酸飲料を飲んだ時
  • 急に冷たいもの、温かいものを飲んだ時
  • 早食い
  • 冷たいシャワーを浴びた時
  • お酒や煙草
  • 笑ったり驚いたりすること
  • ストレス

が原因で起こることもあります。


しゃっくりを止める方法

驚く

しゃっくりを止める方法と聞いて、これが1番に思いつく方法ではないでしょうか?周りの人に全力で驚かせてもらいましょう。

深呼吸をする

時間をかけて深く深呼吸をしてみましょう。

耳の中を押す

両耳の中に指を入れ、30秒〜1分くらい押し続けます。傷つけてしまうのを防ぐため、爪は切ってから試してみてください。
また、呼吸器系や循環器系の持病がある方は、この方法をすると体調が悪くなってしまうこともあるので控えてください。

ツボを押す

巨闕(こけつ)
みぞおちの指2本分下の辺りです。
疲労回復、肩凝り、腹痛にも効果的です。

天突(てんとつ)
鎖骨と鎖骨の間の窪みです。喉の近くなので続けて押すのではなく、3秒押して3秒休憩というように休憩を挟みましょう。
咳や喉の痛みを和らげる効果もあります。

内関(ないかん)
手のひら側の手首のしわから指3本分下のところにあります。
乗り物酔いや二日酔いなどの吐き気、イライラにも効果があります。

肺の下辺りを手で押さえる

つまり横隔膜を押さえます。肋骨(ろっこつ)のすぐ下の辺りです。

舌を引っ張る

舌をつまんで10秒ほど優しく引っ張ってみましょう。



是非試してみてください(*´꒳`*)