読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪をひいた時に効く食べ物・悪い食べ物

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

今回は季節の変わり目にひきやすい、風邪について書いていこうと思います。


風邪をひくと食欲がなくなってしまうこともあります。

なので少しでも何か食べて薬を飲む時、どうせなら風邪に良いものを食べたいものです…

そんな時にこの記事が参考になると幸いです(*´꒳`*)


風邪に効く食べ物

ではさっそくみていきましょう。

風邪かな?と思ったら

風邪の引き始めにはビタミンCがよく効きます。

  • 柑橘類
  • 緑黄色野菜

ただし、みかんの食べ過ぎは良くありません。食欲がない時は柑橘類の100%ジュースを飲んでみましょう(*´꒳`*)
緑黄色野菜(ピーマンやブロッコリーなど)は風邪の回復を早める効果もあります。

寒気がする時

  • 生姜
  • ネギ

これらの食べ物は血行を良くして体を温めます。また、風邪で弱った胃腸の調子も整えることができます。胃腸には、ニラやれんこんも効果的です(*´꒳`*)

発熱した時

  • 梅干し
  • 果物(特にイチゴやみかん)

おかゆは温かく消化にも良いので、おかゆに梅干しを入れて食べるのがオススメです。
果物も胃腸に負担をかけずに食べられます。

咳がひどい時

  • 大根
  • 海藻類
  • ビワの葉
  • 蜂蜜

ビワの葉のお茶が美味しいのでオススメです。

また咳や喉の痛みに効くツボもあります。

天突(てんとつ)
鎖骨と鎖骨の間の窪みです。喉の近くなので続けて押すのではなく、3秒押して3秒休憩というように休憩を挟みましょう。


風邪に悪影響のある食べ物

次に、反対に風邪をひいた時は控えた方が良いものを紹介していこうと思います。

体を冷やしてしまうもの

  • トマト
  • きゅうり
  • 白菜、セロリ、ほうれん草
  • 柿、スイカ
  • 貝類

咳・痰を悪化させるもの

  • たけのこ
  • みかん(多量)
  • せんべい


他にも消化の悪いもの、喉を痛める辛いもの、熱いものも風邪をひいた時は控えましょう。

また、コーヒーや紅茶などの利尿作用のあるものは、脱水症状を起こす可能性もあります。