読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

服の生地の特徴まとめ

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

今回は服の生地の特徴をまとめてみました!

家庭科の授業などで1度は習ったことがあるのではないでしょうか?

改めて服の生地の特徴を知り、生活に役立てていきましょう(*´꒳`*)

天然繊維

天然繊維とは、人工的に作られていない、つまり科学的な加工がされていない繊維を指します。

綿(コットン)

メリット

  • 丈夫
  • 熱に強い
  • 吸水性が高い

デメリット

  • シワになりやすい
  • 洗うと縮みやすい

主にTシャツや肌着に使われています。

麻(リネン)

メリット

  • 丈夫
  • 吸水性がある
  • 乾きやすい
  • 汚れが落ちやすい

デメリット

  • シワになりやすい
  • 変色しやすい
  • 伸縮性がない

花粉対策にもオススメです。こちらのシルクとリネンを使ったマスクが花粉症にも夜眠る時にも最適です(*´꒳`*)

お子様にも是非(*´꒳`*)!

絹(シルク)

メリット

  • 肌触りがいい
  • 吸水性がある
  • 保湿性が高い

デメリット

  • 白いものは変色しやすい
  • アルカリに弱い

メリットを見ていただければ分かる通り、マスクには最適なんです(*´꒳`*)リネンと組み合わせた上記のマスクはかなりオススメです。

毛(ウール)

メリット

  • 弾力性・吸水性・保湿性がある
  • シワになりにくい
  • 燃えにくい

デメリット

  • 白いものは変色しやすい
  • アルカリに弱い
  • 洗うと縮みやすい
  • 静電気が起こりやすい
  • 毛玉ができたり、虫に食われたりすることもある

化学繊維

化学繊維とは、人工的に作られた繊維のことです。

レーヨン・ポリノジック

この2種類は特徴がかなり似ているため、まとめさせていただきます(*'꒳'*)

メリット

  • 吸水性がある
  • 強度がある(ポリノジック)

デメリット

  • シワになりやすい
  • 水に弱い

キュプラ

メリット

  • 吸水性がある
  • すべすべした素材である

デメリット

  • シワになりやすい
  • 水に弱い

ブラウスなどによく使われています。

ポリエステル

メリット

  • シワになりにくい
  • 強くて丈夫(熱、摩擦、虫、カビに強い)
  • 軽い
  • 乾きやすい
  • 変形しにくい

デメリット

  • 吸水性が少ない
  • 汚れやすい
  • 静電気が起こりやすい

ナイロン

メリット

  • シワになりにくい
  • 強くて丈夫(摩擦、虫、カビに強い)
  • 軽い
  • 乾きやすい
  • 汚れにくい
  • 変形しにくい

デメリット

  • 白いものは変色しやすい
  • 熱に弱い

アクリル

メリット

  • 保湿性がある
  • 軽い

デメリット

  • 熱に弱い
  • 汚れやすい
  • 毛玉ができやすい

セーターによく使われています。

ポリウレタン

メリット

  • 伸縮性がある
  • 軽い

デメリット

  • 汚れやすい

いかがだったでしょうか?



是非、服選びの参考にしてみてください(*´꒳`*)



(この記事ではAmazonアソシエイトを使用しています。)