読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝風呂は健康に良い?悪い?

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

カラオケでオールしたり、朝まで呑んだり…夜遅くなって朝に…とやむ終えず朝風呂になってしまうこともあるかと思います。

今回は、この記事で朝風呂の入り方を見直してみましょう(*´꒳`*)

朝風呂に入るメリット

体臭対策になる

寝ている間にかいた、匂いの原因となる汗を洗い流すことによって体臭対策になります。


ダイエット効果がある

朝風呂ダイエットを聞いたことがありませんか?
1日の始まりに体温が上がり代謝が良くなることで、脂肪が燃えやすくなり、更に余分な脂肪を溜め込みにくくすることができます。
むくみが軽減されるというメリットもあります。


体を起こす

朝目が覚めた時、まだ体は半分寝ていてリラックスしている状態です。
温かいシャワーを浴びることによって、体温が上がり血液の流れが良くなります。
ただし湯船に入らないこと、短時間で済ませることが重要です。湯船に入ってしまうと、反対にリラックスしてしまうのです。夜の寝る前のお風呂を考えると分かりやすいかもしれません。


朝風呂に入るデメリット

頭皮や肌に悪い

前日にしっかり汚れを落としていないことで、寝ている間に新しい皮膚を作ることに悪影響を与えています。
更に寝起きは毛穴が開いているため、そこをゴシゴシと洗ってしまうと抜け毛が多くなったり、かなり肌にダメージを与えることになります。
だからといって適当に洗ってしまうと汚れが溜まってフケなどの原因となり、清潔感を得るはずが本末転倒になってしまうことも…


睡眠の質が下がる

入浴には本来疲れをとったり、リラックスさせる効果があります。その入浴を前日に怠ったせいで深い睡眠がとれなくなってしまいます。
夜遅くなってしまった場合、早く寝て朝風呂にしたいと思ってしまいがちですが、お風呂に入ってから寝た方が疲れをしっかりとることができます。


ヒートショックの危険性がある

ヒートショックとは、急激な温度差で体に負担をかけてしまうことです。
冬の朝風呂は特に、血圧が短時間で変化してしまうので脳や心臓に悪影響を与えてしまいます。
高血圧の人はかなり危険なので要注意です。



朝風呂にはデメリットがたくさんありますが、「夏は寝ている間に汗をかくから流したい!」「朝から目を覚ましたい!」などで朝風呂のメリットを得るなら、

  • 前日にしっかりお風呂に入る
  • 朝は熱めのシャワーで素早く済ませる(いきなり熱くするのではなく、だんだんと体を温度に慣らしながら)

すると効果的です(*´꒳`*)