読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひな祭りとは?食べ物の意味は?

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

女の子のための日で知られる「ひな祭り」について、どのくらい知っていますか?

今回はひな祭りについて書いていこうと思います(*´꒳`*)

ひな祭りとは?

ひな祭りは五節句の1つで、女の子の健康や成長、幸せを願い祝う日です。

もともとは、自分の身代わりとなる人形を用意し、穢れと一緒に川に流す行事でした。これを「流し雛」といいます。


五節句

平安時代を起源とする季節の節目。

1月7日:人日(七草がゆ)
3月3日:上巳(桃の節句)
5月5日:端午(菖蒲の節句)
7月7日:七夕(星祭)
9月9日:重陽(菊の節句)


雛人形について

雛人形は、立春(節分の翌日)から二月中旬までから飾り始めるのが良いそうです。(大安の日だと更に○)

湿気が少なく、直射日光の当たらないところを選びましょう。

また、片付けは3月中旬頃までの天気の良い日が良いとされています。


ひな祭りの食べ物

ひなあられ

ひなあられの白(冬)、緑(春)、桃(夏)、黄(秋)の4つの色は、それぞれかっこ内の季節を表していると言われています。

また、白は雪、緑は木、桃は生命も表しています。

四季を表しているひなあられを食べることは、「1年間健康に幸せに過ごせますように」という意味も込められています。

菱餅(ひしもち)

ひしもちの白、緑、桃の3つの色にもそれぞれ意味があり、

白は長寿、緑は厄除け・健康、桃は魔除けの意味が込められています。

白色の部分は「菱の実」なんですが、この名前に因んで菱型になったと言われています。

はまぐりのお吸い物

二枚貝は女の子の象徴です。

また、はまぐりの貝殻がぴったりと合わさることから、仲の良い夫婦を表すようになりました。

そして「一生1人の人と添い遂げるように」という願いが込められ、ひな祭りに食べられるようになりました。

ちらし寿司

特にちらし寿司自体に意味はないのですが、

海老(長寿)・ハス(レンコン、先の見通しがきく)、豆(健康でまめに働く)

などの縁起の良い食材がたくさん含まれるため、ひな祭りによく食べられるようになったそうです。