読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

認知症にならないために、今からできること

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

今回は認知症の予防方法について書いていきたいと思います。

認知症とは?

認知症とは、人間の活動をコントロールしている脳が正常に働かなくなってしまい、生活に支障が出ている状態のことです。

認知症には有名なものだとアルツハイマー型認知症などいくつか種類がありますが、ここでは割愛させていただきます。


認知症の初期症状

・記憶障害(同じことを何度も言う、忘れ物をする、人や物の名前を忘れるなど)

・怒りやすくなる

・興味があったことから離れる

・身だしなみを気にしなくなる

家族にこれらの症状がある場合は、早めに病院で診てもらいましょう。早期発見が大切です。


認知症予防方法

認知症は家族に大変な思いをさせてしまったり、自由に行動、思考できなくなってしまったりと本当に怖いものです。

まだ大丈夫だと思わずに今から生活習慣を見直し、予防していきましょう。

運動をする

有酸素運動がいいです。普段運動をしていないと感じる人は、週2〜3回、30分程度の散歩をしてみましょう。

人と会う

人と話すことで認知症予防に繋がります。仕事をやり切り人と会う機会が減った人は、ボランティア活動などをして人と会う機会を作りましょう。また、ペットを飼うことも予防に良いそうです。

趣味を作る

読書やゲーム、料理などの頭を使うことや、ダンスなどの運動することが認知症予防にもなります。

食事

認知症予防に良い食べ物があります。

野菜・果物
しっかり摂ってる人は、摂れていない人と比べ、アルツハイマー型認知症になる確率が1/3になります。

青魚・赤ワイン・コーヒー
脳を活性化させる効果があります。青魚を食べているとアルツハイマー型認知症になる確率が1/6になるそうです。ただし赤ワインは飲みすぎると、アルコール性認知症の危険が高まりますので気をつけてください。コーヒーは1日3杯が適当です。

睡眠

しっかり睡眠をとることが認知症予防に繋がります。昼寝は30分以内にすると、認知症になるリスクが下がります。



今からしっかり気をつけていきましょう(*´꒳`*)