読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

六曜について

スポンサーリンク

どうも(*'꒳'*)!

今回は六曜について書いていきたいと思います(*´꒳`*)

六曜

カレンダーで見かける、「先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口」を知っていますか?

この6つの曜が六曜(ろくよう)です。

他にも六輝(ろっき)や宿曜(すくよう)と呼ばれることもあります。

六曜は基本的にはこの順序で配置されていきます。

なんとなく「大安は良い日」というくらいで、六曜のことを知らない人も多いのではないでしょうか?

そんな六曜の1つ1つの意味を書いていきたいと思います。

先勝(せんしょう・せんかち)

先んずれば即ち勝つ

暦では「急ぐこと良し、訴訟ごと良し」と書かれているように、急用や訴訟に適した日で、何事も急ぐことが良いとされる日です。

つまり、先手必勝です。

午前中は吉、午後は凶とされています。

この日は早起きをしてみてはいかがでしょうか?

早起きは三文の徳、ともいいますからね(*´꒳`*)

友引(ともびき)

相引で勝負なしという日

つまり勝負事では引き分けになり、勝負がつかないということです。

朝・夜は吉、昼は凶とされています。

凶事に友を引く、という意味もあり「あの世に友を連れていく」と考えられ、葬儀は避けた方がいいとされています。

先負(せんぶ・せんまけ)

先んずれば即ち負ける

先勝の真反対で「何事も急ぐと負ける」とされ、急がず、平静を守ると吉です。

急用、争い事、公事、契約は避けましょう。

また、午前は凶、午後は吉とされていますので、何かあれば午後にするのが良いです。

仏滅(ぶつめつ)

仏も滅するような大凶の日

六曜の中で最も凶の日で、何をしても悪日とされ、結婚など新たな行動は避けられています。

「物滅」と書かれることもあります。

大安(たいあん)

諸事大吉の日

六曜の中で最も吉の日で、何事をするにしても最良の日とされています。

結婚や開店、旅立ち(引越し、旅行)などや、新しいことを始めるのに最適の日です。

赤口(しゃっこう・しゃっく)

万事に用いない悪日

牛の刻(正午前後の1時間の間)のみ吉で、それ以外は凶とされています。

縁起の悪さでは、仏滅より赤口の方が不吉とされることもあります。

赤が示すように、刃物や火の元には要注意しましょう。



いかがだったでしょうか?



何かの参考になれば幸いです(*´꒳`*)