読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歌が上手くなる方法

スポンサーリンク

どうも!(*'꒳'*)



歌が上手く歌えるようになるコツを書いていきたいと思います(*´꒳`*)



私は昔、すごく歌が下手で様々な歌を上達させるための方法を試してきて、



今では昔を知る友達に、かなり上手くなった!と言ってもらえるようになりました。



そんな私が試していて効果があったものを紹介していきたいと思います(*´꒳`*)



目次

腹式呼吸

腹式呼吸をすることにより、

  • 空気を多く取り込むことができる
  • 空気をコントロールしやすくなる


声量アップに繋がる
大きな声でも綺麗に出しやすくなる

と、このようなメリットがあります。

腹式呼吸が苦手な人は、最初は仰向けで寝転び、お腹が上下するように(お腹に空気を貯める意識で)呼吸してみましょう。

その後徐々に座って→立って腹式呼吸をしていくとやりやすくなると思います。

また腹式呼吸をすることによって、ダイエット効果や健康面でもかなりのメリットがあり、マスターしておくに越したことはありません(*´꒳`*)


*肺活量

腹式呼吸をする時、肺活量も鍛えるために「大きく吸って1度止めてから吐く」を繰り返すと更に効果的です。

肺活量を鍛えるには、500mlの空きペットボトルを口に加えて思いっきり吸う方法もあります。

最初は「いろはす」のような柔らかいペットボトルで始めてみるといいかもしれません。


リップロール

リップロールとは何か知っていますか?唇をブルブルと震わせることです。リップロールには、

  • 高音、低音を出しやすくなる
  • 音程を正しく出せるようになる
  • 裏声、地声の繋ぎを綺麗にする
  • 喉の力を緩め、広げる

と、歌が上手くなるために重要な効果があるんです。

肩幅に足を開いて立ち、力を抜いてリップロールをすると更に効果的です。

リップロールが上手くできない!という人は、手で口角を少し上げて、軽くアヒル口にしてみるとやりやすくなるかもしれません。

タングトリル(舌を震わせること)ができる人は、同じようにタングトリルもやってみましょう(*´꒳`*)



この2つを毎日少しずつ行うだけでもかなり変わってきますよ(*´꒳`*)



是非試してみてください。